w

■各種申請業務 内容一覧
▼建築確認申請手続き  申請に必要な図面・書類を作成し、特定行政庁(市役所の建築審査課等)への代行申請手続きを行います。全ての手続き(審査)を終えましたら、役所の確認印が押された確認通知書一式をお渡ししますので、大切に保管して下さい。
▼住宅金融公庫設計審査申請手続き   申請に必要な図面・書類を作成し、特定行政庁(市役所の建築審査課等)への代行申請手続きを行います。
▼工事見積りの取得と施工者の決定
 見積依頼の際、施工者に対し工事内容を十分理解させ(設計の意図や現場説明等を行い)設計図書・見積要項・現場説明書等に基づき見積書を取ります。 【家主側にて指定業者がある場合は事前にお知らせ下さい】提出された見積内訳明細書の内容が条件通りか、また仕様・数量・単価等をチェックし、見積区分・材料・工法・仕様等が施工者に都合のよい解釈になっていないか等を確認します。各業者より提出された見積と内容により御相談の上、施工者を決定致します。【この際、業者の規模や特徴からくる価格差が出ますが、業者決定の絶対条件は価格差だけではなく、情熱をもって施工する業者を選ぶことも大切です。】
▼工事請負契約の締結
 発注主と施工業者との契約・調印に立会い、工期の確認や支払条件の確認等に関し相互間の権利と義務を明確にします。
▼ 住宅性能保証協会申請手続き(登録施工業者が申請)
▼住宅金融公庫現場審査申請手続き